上半期のサービス貿易総額は8.5%増

 中国中央テレビによると2018年上半期、中国のサービスの輸出入総額は前年同期比8.5%増の2兆5313億元(約41兆1600億円)だった。輸出は同13.6%増の8415億元、輸入は同6.1%増の1兆6897億元。商務省が発表した。サービス貿易の赤字額は8481億元で、前年同期から26億元縮小。10年以降で半期の赤字額が縮小したのは初めてとされる。同テレビは「新興サービスの輸出額は同23.6%の伸びを示し、サービス輸出総額の伸びを10ポイント上回った。通信・コンピューター・情報サービス、保険、文化・娯楽などの伸びはいずれも20%を超えている」と伝えた。(RP=東京)