「貿易戦争」持久戦に突入へ 中国も米国と同規模で対抗措置、23日発動

※画像はイメージです(Getty Images)
※画像はイメージです(Getty Images)【拡大】

 中国政府は8日、年約160億ドル(約1兆8000億円)相当の米国製品に課す25%の制裁関税を23日に発動すると発表した。トランプ米政権が7日に23日の発動を発表した制裁関税と同時、同規模の対抗措置となる。米中は7月に340億ドル分の制裁関税を同時発動しており、共に第2弾に踏み切ることで「貿易戦争」は持久戦に突入する。

 中国商務省は「自国の正当な利益と多角的貿易体制を守るため、必要な対抗措置を取らざるを得ない」との声明を発表した。

 対象は333品目で、当初予定の114品目から大幅に増えた。米国の主要製品である自動車が多く含まれたのが目立つ。石油関連や鉄鋼製品も含まれる。対象金額の合計は変わらないが「国内の消費者と企業の利益を守るために範囲を調整した」(中国政府)と説明している。

 米政権は第2弾までの計500億ドルとは別に、第3弾として2000億ドル相当の中国製品に追加関税を課す方針で、中国も600億ドル相当の対抗策を準備している。(北京、ワシントン 共同)