新通商協議、落としどころ見えず 来月延長戦も (1/2ページ)

日米通商協議をめぐる主な流れ
日米通商協議をめぐる主な流れ【拡大】

 新しい通商協議(FFR)の初会合は、主張の隔たりが埋まらず、予定を延長し10日も継続されることになった。米国は11月の中間選挙、日本も来夏に参院選を控えるといった政治的な背景もあり、なお落としどころは見えない。日米は9月下旬に開かれる見込みの首脳会談を前に、FFRの成果を得たい考えだ。初会合で合意に達しなければ、来月にも2回目のFFRを開く可能性がある。

 「“出たとこ勝負”だ。トランプ米政権は事務方による事前調整ができない」。経済官庁の幹部は初会合を前にこう嘆いた。

 外交交渉は事前に事務方が協議内容について、ある程度意見をすり合わせ、その上で閣僚級が折衝にのぞみ、成果を目指すのが通常だ。だが、トップダウンで意思決定するトランプ政権は「閣僚抜きでの協議ができない」(日本政府関係者)という。

 11月の中間選挙を前に外交上の成果を急ぐトランプ政権は、欧州連合(EU)や北米自由貿易協定(NAFTA)加盟国とも通商交渉がめじろ押しだ。事務方での事前調整が難しいこともあり、貿易協議を担うライトハイザーUSTR代表への負担が増している。

続きを読む