ガス田権益、中国に移行 イラン、仏大手からと報道

 国営イラン通信は11日、イラン南部のペルシャ湾にある世界最大規模の南パルス天然ガス田の一部開発契約で、フランス石油大手トタルの権益を中国国有の中国石油天然ガス集団(CNPC)が引き継いだと報じた。

 この契約は、イラン核合意の象徴的事業とされていた。トランプ米政権がイラン核合意から離脱し、イランへの制裁を再発動する方針を示したのを受け、トタルは撤退する見通しを示していた。

 2017年7月に結ばれた開発契約では、トタルが50・1%、CNPCが30%の権益を取得していた。国営イラン通信は、権益のトタルからCNPCへの移行により、CNPCの権益が最大で8割になると報じた。(共同)