東京円、110円台後半 安全資産として円買い優勢

トルコリラ紙幣を数える最大都市イスタンブールの両替商=2日(ロイター)
トルコリラ紙幣を数える最大都市イスタンブールの両替商=2日(ロイター)【拡大】

 週明け13日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=110円台後半で取引が始まった。

 午前9時現在は、前週末比02銭円高ドル安の1ドル=110円64~65銭。ユーロは79銭円高ユーロ安の1ユーロ=126円08~09銭。

 トルコの通貨リラの急落を受けて投資家のリスク回避姿勢が強まり、比較的安全な資産とされる円を買ってドルを売る動きがやや優勢となった。