空飛ぶ電車、翼は着脱式 「筒型車両」と合体、フランスの新興企業が売り込み (1/2ページ)

 米首都圏を走る超高速地下交通システムや空飛ぶタクシーなど革命的な移動手段の実用化に向けた取り組みが進む中、フランスの新興企業が“空飛ぶ電車”の開発構想を打ち出し、注目を集めている。

 滑走路に着陸した飛行機の翼が外れて電車に変身し、レールの上を走ってあなたを最寄り駅まで運んでくれるとしたら、それはまるでスパイ映画「007」シリーズに登場する技術者「Q」が発明する秘密兵器のようだ。

 さまざまな産業分野にエンジニア・コンサルティングサービスを提供するフランスのアッカ・テクノロジーズが米ボーイングなどに売り込もうとしているのはまさにそういった類いのもので、航空機設計の新コンセプト「リンク・アンド・フライ」だ。

 複数の顧客が関心

 アッカのモーリス・リッチ最高経営責任者(CEO)は19日までにパリでインタビューに応じ、「自動車の電化・自動化の後、次に大きな嵐が起きるのは飛行機の分野だろう」と語った。同社は欧州のルノーやエアバスなどへの依存抑制を図っており、現在は米ボーイングなどを主な顧客ターゲットとしている。

 アッカの斬新なコンセプトでは、乗客は最寄り駅で筒型の電車もどきに乗り込み、空港に向かう途中に網膜スキャンでセキュリティーチェックを受ける。空港で待機する翼部分と筒型の電車もどきを合体させ、離陸する。

 リッチ氏によると、こうした構想を3Dモデル動画で紹介し、アジアで複数の見込み顧客の関心を集めた。具体的な社名は挙げていない。

続きを読む