【データで読む】韓国の米国向け輸出、保護主義が下押し

輸出に向けて港に並べられた韓国製自動車=韓国・平沢港(ブルームバーグ)
輸出に向けて港に並べられた韓国製自動車=韓国・平沢港(ブルームバーグ)【拡大】

 韓国の米国向け輸出は、2012年の米韓自由貿易協定(FTA)発効を境に、自動車を中心に大きく増加した。FTA交渉開始前の10年から17年にかけての増加率は46%に達し、同じ期間の米国の輸入全体の伸び率22%を大きく上回った。これに対し、トランプ米大統領は、韓国の対米貿易黒字の是正を求めており、就任前から米韓FTA見直しの必要性を主張してきた。

 米国の要求に対し、韓国は譲歩して対応してきた。18年3月下旬に発動された鉄鋼とアルミニウムの関税引き上げに対しては、適用除外のために、米国向け鉄鋼輸出を15~17年平均の7割に抑制することに合意しただけでなく、米韓FTAの再交渉に応じ、韓国車の関税撤廃期限の延長や米国車の輸入基準緩和など、対米貿易黒字の大部分を占める自動車を中心に譲歩し、合意に至った。

 しかし、米国は、5月に入って自動車関税の25%への引き上げ検討を表明した。これが実現すると、米韓FTAに優先して自動車関税が引き上げられ、韓国の米国向け輸出の3割を占める自動車輸出に大きな影響が及ぶ。

 また、先に合意した米韓FTAの見直しは現在でも署名に至っておらず、署名を条件に自動車輸出の抑制を強いられる可能性も指摘されている。

 さらに、米国との直接の貿易だけでなく、米中の対立激化による韓国経済への影響も懸念されている。韓国では、輸出が国内総生産(GDP)の5割以上を占める上、そのうち、中国向けの割合がアジア諸国の中でも高い約25%に上る。米中貿易戦争により中国経済が減速した場合には、韓国経済にとって一段と打撃が大きくなると考えられている。(編集協力=日本政策投資銀行)