イタリア株が急落 財政悪化懸念、欧州に波及

 28日のイタリア金融市場は、財政悪化への懸念から株式や債券が大きく下落した。通貨ユーロに対する信認が揺らぎかねないことから、欧州の他国市場にも波及した。

 イタリアの代表的な株価指数であるFTSE・MIBの終値は、前日比799・37ポイント(3・7%)安の2万711・70。下落率は一時4%を超えた。国債を保有している銀行株を中心にほぼ全面安の展開となった。

 イタリア10年物国債の利回りは3%を下回っていた前日終値から、一時3・2%台にまで大きく上昇(価格は下落)した。

 他国市場では、ドイツ・フランクフルトのクセトラDAX指数終値も188・86ポイント安の1万2246・73と大幅に下落した。(共同)