バーバリー、富裕層ブランド復活に新風 (1/3ページ)

 伊デザイナー、リカルド・ティッシ氏が手掛ける新生バーバリーのコレクションが発表された。同氏はキム・カーダシアンやマドンナといった大物スターが顧客に名を連ねた前任者から大きく路線を変更し、禁欲的な発表会を選択。英ロンドンの倉庫スペースで開かれたショーに集まったのは、ジャーナリストやバイヤー、ティッシ氏の友人、家族だけだった。

 だが、ロンドンのバーバリーショップでは盛り上がりが見られた。店舗では新作コレクションの一部が24時間限定で販売され、450ポンド(約6万6000円)のロゴ入りセーターが夕方までに売り切れた。

 仏高級ブランド、セリーヌを辞して昨年、バーバリーの最高経営責任者(CEO)に就任したマルコ・ゴベッティ氏は、当時クリエーティブ・デザイナーだったクリストファー・ベイリー氏の高級路線が失速したことを受け、ティッシ氏を後任デザイナーに据えた。業界全体の売上高が今年6~8%の成長が見込まれる中、同社の今年第1四半期の売上高は3%増にとどまった。

続きを読む