青海、インドネシアでの商機探る

 青海省の帰国華僑連合会会員、同省華僑商会の企業家ら代表団はこのほど、インドネシア中華総商会を訪問し、同国でのビジネスチャンスを探った。帰国華僑連合会の馬文彪(ぶんぴょう)・副会長はインドネシア中華総商会の企業家に対し、同省の恵まれた生態資源や美しい高原、豊かな物産、悠久の文化を紹介。同総商会の張錦雄・常務副総主席は「『シルクロード経済ベルト』の要所にある青海はイスラム教徒が多く、物産も豊か。インドネシアとの経済協力、文化交流で巨大な潜在力を秘めている」と応じた。(中国新聞社)