「カナダグース」株急落 華為事件受け不買運動

来店客にカナダグースのダウンジャケットを着せるアパレルショップ店員=11月2日、ニュージャージー州ショートヒルズ(AP)
来店客にカナダグースのダウンジャケットを着せるアパレルショップ店員=11月2日、ニュージャージー州ショートヒルズ(AP)【拡大】

 世界的に人気の高級ダウンジャケット「カナダグース」の製造・販売を手掛けるカナダ企業の株価が急落している。背景には、華為技術(ファーウェイ)幹部がカナダ当局に拘束された事件を受け、中国で不買運動が起きていることがある。

 幹部の拘束が伝わったのは、5日の取引終了後。トロント証券取引所に上場する「カナダグース・ホールディングス」の株価は4営業日連続で下落。11日の終値は5日と比べて19%安となった。

 ブルームバーグ通信によると、拘束を受けて中国の短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」では、カナダグースなどカナダ製品のボイコットを呼びかける投稿があった。

 中国では2012年にも日本政府の尖閣諸島国有化に反発し、日本製品の不買運動が起きた。(共同)