NY株続伸、260ドル高 600ドル安から切り返す

トランプ米大統領(ロイター)
トランプ米大統領(ロイター)【拡大】

 27日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸し、前日比260・37ドル高の2万3138・82ドルで取引を終えた。米中貿易摩擦への懸念が再燃して一時611ドル下落したが、引けにかけて急速に切り返すなど不安定な値動きが続いた。

 朝方は、トランプ米大統領が米企業に中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)の機器使用を禁じることを検討していると伝わり、米中貿易摩擦に対する懸念から売り注文が優勢となった。

 しかし24日まで下落基調が続いたこともあり、取引終了にかけて割安感が意識された銘柄などに買い注文が入り、プラス圏に浮上した。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は25・13ポイント高の6579・49。(共同)