東証大納会、7年ぶりの株価前年割れ 2万0014円77銭で取引終了

東証アローズ=東京都中央区
東証アローズ=東京都中央区【拡大】

 今年最後の取引である大納会を迎えた東京株式市場は28日、日経平均株価(225種)が前年末に比べて2750円17銭安い2万0014円77銭で取引を終えた。前年末終値を下回るのは7年ぶり。「アベノミクス」では初めてで、リーマン・ショックがあった2008年以来の下落幅となった。米国と中国の対立激化に世界中の投資家が動揺し、経済の先行きにも暗い影を落とした。

 第2次安倍政権が発足した12年12月以降、日銀の大規模金融緩和を通じて株高を誘導してきた流れがいったん止まった形となった。政府は今年12月、景気拡大期間が00年代の戦後最長記録と並んだ可能性が高いとの見解を示したが、株安で家庭の財布のひもが固くなったり、企業が設備投資を控えたりすれば景気への悪影響は避けられない。安倍政権の経済政策が修正を迫られる可能性がある。

 28日の平均株価は前日に急騰した反動で利益確定の売りが優勢となり、終値は前日比62円85銭安で取引を終えた。東証株価指数(TOPIX)は7.54ポイント安の1494.09。出来高は約11億9500万株だった。