東証、一時2万円台回復 米株高を好感、全面高 上げ幅700円超

大きく値を上げた日経平均を表示する株価ボード=7日、東京・八重洲(荻窪佳撮影)
大きく値を上げた日経平均を表示する株価ボード=7日、東京・八重洲(荻窪佳撮影)【拡大】

 週明け7日午前の東京株式市場は、前週末の米国株高を好感した買い注文が広がり、日経平均株価(225種)は一時、前週末終値に比べ700円超上昇して節目の2万円台を回復した。取引時間中として昨年12月21日以来の高値を付け、全面高の展開となった。

 午前9時15分現在は前週末終値比663円46銭高の2万0225円42銭。東証株価指数(TOPIX)は48・96ポイント高の1520・12。

 4日発表の2018年12月の米雇用統計が市場予想を上回り、4日のニューヨーク株式市場でダウ工業株30種平均が大幅に上昇した。この流れを7日の東京市場も引き継いだ。

 米国の利上げのペースが鈍るとの観測が広がっていることも投資家心理を明るくし、株式相場を押し上げた。