NY株続伸、91ドル高 米中貿易協議を楽観

ニューヨーク証券取引所内で会話するトレーダーら=9日、ニューヨーク(AP)
ニューヨーク証券取引所内で会話するトレーダーら=9日、ニューヨーク(AP)【拡大】

 9日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は4営業日続伸し、前日比91・67ドル高の2万3879・12ドルで取引を終えた。米中貿易協議に対する楽観的な見方から買い注文が優勢となった。ハイテク株主体のナスダック総合指数は60・08ポイント高の6957・08と4営業日続伸した。

 9日に米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録が公表されたことを受けて追加利上げ観測が後退したことも買い材料となった。ただ、トランプ米大統領と民主党指導部のメキシコ国境の壁建設を巡る協議決裂が伝わり、上げ幅を縮める場面もあった。

 銘柄別では、アップルなどIT関連株が買われた。原油先物相場の上昇で収益改善が意識された石油のシェブロンも高かった。(共同)