外貨準備高、18年は2.1%減 中国

 中国国家外貨管理局は、2018年末の外貨準備高は3兆727億1200万ドル(約334兆5300億円)と、前年から672億3700万ドル、比率にして約2.1%減少したと発表した。18年11月末からは110億ドル(約0.4%)の増加だった。一方で、18年12月末現在の金保有量は前月比32万オンス(約9トン)増の5956万オンスで、16年10月以来初めて増加した。華泰証券の首席マクロアナリスト、李超氏は「中国の外貨準備は18年最後の2カ月(11、12月)に連続して増加し、中央銀行が金融政策を行う余地を広げた」と指摘した。(中国新聞社)