米CBS、バイアコムと合併も選択肢 31日に可能性など協議

 米テレビネットワークを傘下に置くCBSは、ロサンゼルスで31日に開く取締役会でバイアコムとの合併の可能性などについて協議する。

 関係者によると、11人のメンバーで構成する取締役会では、正式な最高経営責任者(CEO)探しについても協議するという。

 協議の非公開を理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、取締役らはCBSのファイナンシャルアドバイザーに複数の戦略オプションを検討するよう求める可能性が高い。

 バイアコムとの合併合意の可能性も選択肢に含まれるが、それだけに限定されず、合併を目指すかどうかの決定が数週間以内に行われる可能性があるという。

 CBSでは、長年CEOの座にあったレスリー・ムーンベス氏が昨年9月にセクハラ疑惑の渦中で辞任した。その後、ムーンベス氏の側近だったジョゼフ・イアニエロ氏が暫定CEOを務めている。

 米紙ニューヨーク・ポストは、CBSの取締役会が月内にもバイアコムとの協議を再開する可能性があり、3月か4月までの合意を目指していると6日に報じていた。(ブルームバーグ Christopher Palmeri、Nabila Ahmed)