勤労統計不適切調査で枝野氏「経緯解明し、責任追及」

立憲民主党県連の集会後、取材に応じる党本部の枝野幸男代表=14日、和歌山市
立憲民主党県連の集会後、取材に応じる党本部の枝野幸男代表=14日、和歌山市【拡大】

 立憲民主党の枝野幸男代表は14日、厚生労働省による毎月勤労統計の不適切調査に関し、組織的に行われていた可能性があるとして国会で責任を追及する考えを示した。「事実関係を国会ではっきりさせ、責任を負うべき人を明らかにさせたい」と、和歌山市で記者団に語った。

 本来の全数調査に近づけるため、昨年1月分から改変ソフトを作成して統計上の補正処理を始めた時点で、厚労省内で問題が認識されていたはずだと指摘。「この時点で公にしなかった責任は重い。1年にわたり国民、国会をだましていた」と批判した。

 不適切調査は、旧民主党政権時代にも行われていた。枝野氏は「私が承知している限りでは、当時厚労省で仕事をした仲間は、こうした実態を伝えられず、疑うような状況にもなかった」と述べた。