海外情勢

フィリピン、原油探査本格化 イスラエル企業と技術協力契約 (1/2ページ)

 フィリピンは、ドゥテルテ政権が原油探査の本格的な取り組みを始めた。ハイテク技術で世界最高レベルのイスラエル企業から技術協力を得る。フィリピンでは、石油・天然ガス・石炭の化石燃料の産出が極めて限られており、エネルギー資源のほとんどを輸入に依存しているのが現状だ。フィリピンがエネルギー資源産出国となれば、東南アジアの地政学が一変する可能性がある。

 現地経済紙ビジネス・ワールドによると、フィリピン政府は、パラワン島東部スールー海域の調査について、イスラエル企業のレシオ・ペトロリアムと探査契約を正式に交わした。

 イスラエルは2013年に東地中海沿岸部で天然ガス層が発見されて以来、天然ガスの輸出国となった。フィリピンの東部スールー海域は、東地中海沿岸部と似た海洋と地層があるもようだ。パラワン島もフィリピンの南西部にある島で、北西が南シナ海、南東がスールー海に面している。

 マラカニヤン宮殿で行われた調印式では、ドゥテルテ大統領とアルフォンソ・クシ・エネルギー相、イスラエルからレシオ・ペトロリアムのイテイ・ラファエル・タビザダ社長兼最高経営責任者(CEO)が出席した。

 原油探査が行われるパラワン島東部スールー海域は、14年5月に政府が打ち出したエネルギー開発計画の「エリア4」海区で表面積が41万6000ヘクタールに及ぶ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus