【マーケット トレンド】東京円相場 米中貿易協議にらむ展開に

 東京外国為替市場の円相場は、米中貿易協議の行方をにらむ展開となりそうだ。市場では1ドル=108円台半ばから110円台半ばで推移するとの見方が出ている。前週は、好調な米経済指標を背景に景気の先行き懸念が後退。相対的に安全な通貨とされる円を売ってドルを買う動きがみられ一時、1ドル=110円台を付ける場面もあった。今週は米中貿易協議に加え、経済指標の発表があり「内容に注目している」(外為ブローカー)との声が聞かれた。