中国「微信」に毎日10億人超ログイン

中国・広東省で昨年開催された「微信」に関するカンファレンスの会場(ブルームバーグ)
中国・広東省で昨年開催された「微信」に関するカンファレンスの会場(ブルームバーグ)【拡大】

  • 中国・青海省のマーケットに置かれた決済サービス「微信支付(ウィーチャットペイ)」のQRコード(ブルームバーグ)

 中国IT大手の騰訊(テンセント)は先ごろ、展開する通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の2018年の利用状況に関する報告を発表した。報告によると同年、毎日10億1000万人のユーザーがログインし、1日当たりに送信されるメッセージは前年比18%増の450億件、音声・ビデオ通話の利用件数は前年から2倍の延べ4億1000万人に上った。

 年齢別の分析によると55歳以上のユーザーは6300万人で、「早寝早起き」が特徴。グループ投稿機能「朋友圏(モーメンツ)」やコンテンツ閲覧、買い物の利用が多く、夕食後に自身の子供と電話する習慣が見られた。2000年代生まれは「遅寝早起き」で、午後10時以降が活動的。1990年代生まれが好むコンテンツは3年前のエンターテインメントなどから日々の感情に関わるものなどへと変化し、80年代生まれは国家の出来事に関心を持っていた。70年代は時間があれば朋友圏を閲覧し、就寝時間は午後11時半前後だった。

 同報告からは、モバイルインターネットが日増しに中国人の生活に入り込んでいる状況がうかがえる。微信を活用したユーザー数は昨年、17年と比べて地下鉄などの乗車が4.7倍、買い物は1.5倍、食事代金の支払いは1.7倍、それぞれ増えた。(中国新聞社)