春節休暇、小売り・飲食売り上げ1兆元超

 中国商務省の統計によると、今年の春節(旧正月)休暇期間の小売り・飲食業の売り上げは前年同期比8.5%増の1兆50億元(約16兆円)だった。有機食品やスマート家電、新型デジタル製品などの売れ行きが好調だった。飲食や娯楽などと一体化したショッピングセンターやアウトレット施設が人気で、上海市内の施設7カ所の売り上げは同約20%増だった。電子商取引(EC)プラットフォームでの消費も伸び、スマートフォンや中・高価格帯の家電、家具・インテリア用品、衣料品などを中心に販売総額は同約40%の増加。全国の映画興行収入は50億元を超えた。(中国新聞社)