セレブ御用達ジム多額調達 NYランブル、VCから2億ドル計画 (2/3ページ)

アイスホッケーの試合を観戦する歌手のジャスティン・ビーバーさんら=カナダ・トロント(AP)
アイスホッケーの試合を観戦する歌手のジャスティン・ビーバーさんら=カナダ・トロント(AP)【拡大】

 ジャスティン・ビーバーさんやセレーナ・ゴメスさん、サッカー元イングランド代表主将のデービッド・ベッカムさん、俳優のケビン・ハートさんらセレブは皆、しょっちゅうランブル・ボクシングのクラスに参加している。ビーバーさんのマネジャーを務めるスクーター・ブラウン氏は、自身の会社、SBプロジェクツを通じて、家庭用ワークアウトクラスのストリーミング配信と器具を提供する「アットホーム360」という新規ベンチャー事業で提携している。

 業界に資金集まる

 フィットネス業界はこのところ、VCやプライベートエクイティ(PE、未公開株投資)会社から巨額の資金を集めている。さまざまなスタジオが提供するクラスの予約を可能にするアプリ提供会社のクラスパスは、アルファベット傘下の投資会社GV(もと「グーグルベンチャーズ」)など複数の投資家から2億ドルを上回る資金を調達した。ネットを介してバイクエクササイズを提供するペロトン・インタラクティブは、トゥルー・ベンチャーズやクレイナー・パーキンスといった投資家からおよそ10億ドルを集めた。フィットネスのスケジューリング・ソフトウエアを手掛けるマインドボディは昨年12月に19億ドルでビスタ・エクイティ・パートナーズへの身売りに合意した。

続きを読む