ボーイング797運命の春 3月末に開発判断 収益性や顧客見合い (3/3ページ)

昨年11月、中国で開かれた国際航空ショーに展示されたボーイングの旅客機の模型。同社は新中型機の開発を検討している(AP)
昨年11月、中国で開かれた国際航空ショーに展示されたボーイングの旅客機の模型。同社は新中型機の開発を検討している(AP)【拡大】

 ボーイングは新型機の価格をエアバスの競合機種の中間あたりに設定する必要がある。フライト・アセンド・コンサルタンシーを率いるジョージ・ドミトロフ氏によると、A321LRはフル装備で6000万ドル程度、広胴機のA330-800で通常、1億ドル程度だ。同氏は「新型機への需要があるのは間違いない。低コスト、長距離サービスが新たなチャンスになる。開発着手はその一歩になると考えている」と語った。(ブルームバーグ Julie Johnsson)