TPP5カ国への輸出13.5%減 1月の貿易統計

 財務省は20日発表した1月の貿易統計で、昨年12月30日に発効した環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加5カ国への輸出額は、前年同月比13.5%減の4698億円だったと明らかにした。政府はTPPで輸出が増え日本経済が底上げされるとみているが、発効直後の輸出はマイナスでのスタートとなった。

 5カ国は、日本と同じくTPP発効までに国内承認の手続きを終えたカナダ、オーストラリア、ニュージーランド、メキシコ、シンガポール。国別ではメキシコ以外の4カ国が前年同月比マイナスとなった。

 マイナス幅が最大だったのはシンガポールで19.5%減の1753億円。続いてオーストラリアが18.7%減の1190億円となった。財務省は、国ごとの輸出品目を今月下旬に公表する予定で、現時点では輸出減少の要因を明確には判断できないとしている。

 一方、5カ国からの輸入は9.7%増の7208億円。増加幅が最大だったのはオーストラリアで、19.8%増の4680億円だった。