元経団連会長、お別れの会 米倉さんをしのび政財界から2100人


【拡大】

 経団連会長や住友化学会長を務め、昨年11月に81歳で亡くなった米倉弘昌さんのお別れの会が20日、東京都内のホテルで開かれた。野田佳彦前首相や福田康夫元首相、日本銀行の黒田東彦総裁ら政財界から約2100人が故人をしのび献花した。

 経団連の中西宏明会長は「大きな声で笑う豪快な人だった」と懐かしんだほか、経済同友会の小林喜光代表幹事も「日本の産業のために先陣を切った先輩だった」と振り返った。国際派として知られた故人の幅広い人脈を映すように、中国やシンガポール、サウジアラビアなどからも多くの関係者が参列した。