テキサス高速鉄道 実現協力 シティとMUFG 資金調達を支援

 米銀シティグループと三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、米テキサス州のダラスとヒューストンを結ぶ高速鉄道建設プロジェクトに参画する。

 ファイナンシャルアドバイザーとして起用された両行は、投資家主導のプロジェクト実現に向け、資金調達の取り組みを支援する。

 米カリフォルニア州で政府出資の鉄道計画が大幅に縮小されたことを受け、テキサスは異なるアプローチを取った。

 高速鉄道が開通すれば、テキサス州の2大都市圏間を移動する時間は90分に短縮される。道路で移動すると4時間余りかかる。ただし、線路敷設に向けた土地使用権の確保など、大きな障害は残っている。

 プロジェクトを運営するテキサス・セントラルの発表によると、シティは単独のグローバルコーディネーターおよび筆頭のファイナンシャルアドバイザーとなる。MUFGは共同グローバルファイナンシャルアドバイザーを務める。(ブルームバーグ Thomas Black)