凋落続く市場にも強みあり シンガポール取引所、ニッチで生き残り (1/3ページ)

シンガポール取引所の本部(ブルームバーグ)
シンガポール取引所の本部(ブルームバーグ)【拡大】

 仕事が減り始めたことがきっかけだった。シンガポールで20年余りにわたり資本市場の法律専門家として30社以上の上場に携わってきたロブソン・リー氏は決断した。自分の仕事を辞め、米法律事務所、ギブソン・ダン&クラッチャーがシンガポールに置くオフィスのパートナーになったのだ。

 廃止が上場上回る

 シンガポール取引所(SGX)から撤退する企業数が上場する企業数より多くなったのが2014年。今でもリー氏は引き続きSGX上場関連の仕事をしている。だがここ5年間は上場廃止数が上場数を上回り続けている。

 SGXに上場している企業数は10年時点の782社がピークだった。昨年末には741社に減少。18年のSGXでの新規株式公開(IPO、預託証券除く)は15件で、IPO総額は7億1060万シンガポールドル(約583億円)に減った。上場廃止は19社で、192億シンガポールドルの市場価値純減となった。ここ数年で上場廃止となった企業の多くは、物流施設保有で世界最大級のGLPやマッサージチェア製造でアジア最大手のオシム・インターナショナルなどシンガポールではよく知られた会社だ。

 SGXの株式・債券事業責任者、チュー・スタット氏は、上場廃止は世界的なトレンドで、弱い企業の退出は健全な機能だと指摘し、SGXは上場企業数を維持するために「ゾンビ企業」の上場廃止を止めるようなことはしないと話す。

続きを読む