次の危機時に「1ドル=60円」 市場関係者予想 米がQE導入示唆なら (1/2ページ)

日本銀行本店。ゴールドマンのストラテジストは次の危機で1ドル=60円の円高を予想する(ブルームバーグ)
日本銀行本店。ゴールドマンのストラテジストは次の危機で1ドル=60円の円高を予想する(ブルームバーグ)【拡大】

 年初来の世界的な株価の回復と少なくとも数四半期でリセッション(景気後退)懸念が後退しそうな情勢のため、次の危機への備えは今のところ多くの市場関係者にとって最大の関心事ではない。しかしゴールドマン・サックス・グループのストラテジスト、ベルンハルト・ジメルカ氏は対策を立てている。

 欧州金利市場の戦略責任者を務める同氏は2月末、シドニーでの会議で次回の不況を考えると「マクロ的には、主に圧力がかかる相場はドル・円だと強く思う」と発言。「米金融当局が金利をゼロまで下げたらドル・円がどこまで行くと思うかと皆に尋ねている」と語った。米当局が異例の金融緩和を採用した前回に起きた展開を考慮すれば、次回は円が過去最高値を更新するとみているという。

 2008年の「リーマン・ショック」後、米当局が短期金利を引き下げ、量的緩和(QE)を導入して長期金利を押し下げる中で、円は大きく上昇。11年10月には戦後最高値となる1ドル=75円35銭を付けた。

 ジメルカ氏は、次の危機時には「1ドル=60円まで行く」と予想する。「ドルに対して日本の金融システムに構築されている巨大なレバレッジがある」と述べた。

 国際決済銀行(BIS)も日本の銀行が蓄積した大規模なドル資産のリスクを強調していた。BISによれば、この資産は市場ベースの資金調達に依拠しており、邦銀は海外の融資に対して十分なドル建ての預金がない。このミスマッチは16年末までに数千億ドルに達していたと、BISは17年6月に公表した報告書で指摘した。

続きを読む