【マーケット トレンド】日経平均 経済統計にらむ展開

 東京株式市場は、経済統計をにらむ展開が想定される。日経平均株価は2万1000円台で推移する見通し。前週前半は米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果公表を控えた様子見姿勢が目立ち、公表後は米株高を受けた買いと円高ドル安進行を嫌った売りが交錯した。今週は国内で鉱工業生産指数や東京都区部消費者物価指数の発表があるほか、米国でも多くの統計が公表され投資家心理に影響しそうだ。海外情勢では米中貿易協議や英政局が引き続き注目される。