エアバス、中国から大型受注 300機350億ドル 競合ボーイングに打撃 (1/2ページ)

 中国の習近平国家主席は25日、パリでフランスのマクロン大統領と会談し、両国政府や企業間の協力をめぐる合意文書に署名した。この一環として欧州航空機大手エアバスが中国から350億ドル(約3兆8400億円)の大型契約を取り付けた。

 フランス大統領府の発表によると、契約は狭胴機のA320シリーズ290機と、広胴機A350の10機から成る。A320neoの最新モデルはカタログ価格で1億1060万ドル、A350-900は3億1740万ドルに設定されている。マクロン仏大統領は昨年1月の訪中に際して180億ドルで同様の発注を提示していたが、実現に至っていなかった。

 中国はかねてからエアバスとボーイングへの発注のバランスを保ちつつ、中国国内での製造開始を目指してきた。

 エアバスの次期最高経営責任者(CEO)、ギヨム・フォーリ氏は記者会見で「A320は天津市と欧州で製造する」と語り、天津市の製造施設拡大の提案でボーイングに対して優位に立った。A320と競合するボーイングの主力モデル737MAXは、5カ月間に2度の墜落事故を起こし運航停止となっており、ボーイングにとっては、一層の打撃になる。

続きを読む