鴻海会長が台湾総統選に意欲 出馬可否「できるだけ早期に決断」

郭台銘会長
郭台銘会長【拡大】

 台湾の鴻海精密工業の郭台銘会長は16日、台北市内で行われたセキュリティーフォーラムに出席し、来年実施される台湾総統選で野党・国民党からの出馬を検討していると明らかにした。

 郭会長は、国民党の候補指名を獲得し、再選を目指す蔡英文総統に挑むことを検討していると表明。「決断すれば、国民党の予備選に参加する」と述べた。できるだけ早期に決定するとしている。

 同会長は「昨夜は一睡もしなかった。若者のために何ができるか自問している」と語った。

 郭氏は台湾で起業したが、中国の安価な賃金や用地コストに目を付け、海外の企業経営者としては早くから同国内に工場を設け、素早く製品を市場に投入することに成功した。一方、与党・民主進歩党では蔡総統だけでなく、頼清徳前行政院長も指名獲得に名乗りを上げている。(ブルームバーグ Debby Wu)