海外情勢

カンボジア産ドライフルーツ、日本市場参入 日本産の現地加工も (1/2ページ)

 農産物加工品製造・販売会社のジャパン・ファームプロダクツ(JFP、本社・奈良県葛城市)は、カンボジア南部コンポンスプー州キリロム産のドライマンゴーの日本輸出を始めた。日本で人気のフィリピン産マンゴーなどに比べて、香りや甘味が強く、販売価格も安い。JFPは、ほかにもカンボジア産フルーツや野菜の加工品輸出に取り組んでいる。

甘味が強くて安い

 キリロムは避暑地として知られ、マンゴーの名産地でもある。JFPの阿古哲史社長によると、キリロムで収穫されるマンゴーは、肉厚で甘味や香りが強いのが特徴。最近、人気が高まっており、カンボジアから中国などに輸出されている。

 JFPが輸出するドライマンゴーは現地企業のキリロムフードプロダクション(KFP)が製造を手掛ける。マンゴー独自の甘味を生かし、日本で販売されている他国産ドライマンゴーの約半分の量の砂糖で加工される。日本ではヴィレッジヴァンガード(本社・名古屋市)が今年2月に販売を開始した。価格は、他国製品の70グラム当たり400円前後に対して同200円台に抑えている。

 阿古社長は「KFPのカンボジア産ドライマンゴーは、(衛生管理の国際規格である)HACCPやISO22000も取得した大規模工場で製造されており、欧州への輸出基準も満たしている。質が高くて安価なカンボジア産ドライフルーツは、日本でも注目されるだろう」と話す。

 JFPでは、KFPのドライマンゴーのほか、自社農園と契約農園で生産するパイナップル、ローズアップルなどのドライフルーツも製造・輸出している。パイナップルは甘味が強いクイーン種。実が小さいうえに皮が肉厚で、加工効率が悪いと考えられてきたが、カンボジア人スタッフたちが皮や芯のむき方を熟知していた。家庭で子供のころからやっていたからだ。こうして生まれた無添加・無糖のクイーン種のドライパイナップルも、日本に輸出されている。

 JFPの加工作業は全て手作業だ。2016年、プノンペン国際空港近くにある郵船ロジスティクス(本社・東京都港区)の大型物流倉庫内に自社オフィス兼農産加工場を設け、製造拠点としている。カンボジア産のパイナップルやローズアップルなどを日本の技術でドライフルーツに加工して「高品質ドライフルーツ」として輸出する。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus