株価・外為

東京原油が一時今年最高値 10連休中のガソリン小売価格上昇も

 週明け22日の東京商品取引所で中東産原油の先物指標価格が大幅に上昇し、一時1キロリットル当たりで前週末比1550円高の4万9020円を付けて今年の取引時間中の最高値を更新し、約5カ月ぶりの水準に値上がりした。

 5万円が視野に入り始めた情勢で、10連休中のガソリン小売価格も上がる可能性が出てきた。

 トランプ政権がイラン産原油の禁輸から日本などを除外した猶予措置を撤廃する方針を固めたと報じられ、市場が敏感に反応。日本の石油元売り大手などがイラン以外から高い価格で原油を調達すると予想された。

 東商取の指標は現在、今年9月に決済期限を迎える先物で、中心限月と呼ばれる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus