海外情勢

米中閣僚級貿易協議、きょう北京で 重要問題未解決のまま再開 (1/2ページ)

 米中の閣僚級貿易協議が30日から北京で再開する。ただ、重要な問題が未解決のままだと、米政権高官1人が明らかにした。

 米中は共に合意を望んでいるが、トランプ米大統領が協議の進捗(しんちょく)に満足しなければ中国との交渉のテーブルから離れる可能性は残っていると同高官が匿名を条件に話した。

 米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表とムニューシン米財務長官が30日から中国の劉鶴副首相との協議に臨む。ホワイトハウスの声明によれば、両国は知的財産や強制的な技術移転、非関税障壁、農業、サービス、購入、履行などの通商問題を議論する。

 その後、劉副首相は代表団を率いてワシントンを訪問し、来月8日から追加の協議を行う。交渉担当者は合意が近いことを示唆しているほか、トランプ米大統領も習主席がホワイトハウスを「近く」訪れると先週述べた。

 約1年にわたる貿易対立で信頼感や出荷が損なわれているが、米中の1~3月期(第1四半期)の国内総生産(GDP)は予想を上回っており、世界経済に対する逆風が弱まりつつあるとの楽観的な見方が広がった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus