海外情勢

「ヘルシー」食品は様変わり 米FDA、新たな定義を今夏発表

 米食品医薬品局(FDA)は、用語「ヘルシー(健康的)」の新たな定義を今夏に発表する方針だ。ゴットリーブ長官が3月末、ピュー・チャリタブル・トラスツが首都ワシントンで開催したイベントで明らかにした。

 自社製品を「ヘルシー」な商品として販売したい食品各社は新たな指針を注視することになる。消費者の間では近年、糖分や加工原料の多い食品が敬遠され、ヘルシーと分類される商品への志向が高まっている。FDAは2016年9月にこの定義に関する意見公募を開始。その後に期間を延長し、最終的に1000件余りの意見が寄せられた。

 現行の定義では脂質や飽和脂肪、コレステロールなどの成分の基準を満たす商品だけにこの用語を使用できる。分野によって認められる成分のレベルは異なる。

 ただこうした規制は1990年代前半に定められたもので、科学的見地から推奨される食品も、低い脂質が重視された時代から大きく変化している。ナッツバーを製造するカインドによると、サーモンやアボカド、ナッツなど脂質が高く栄養価もある食品は現在の定義では法的には「ヘルシー」と定義されない。(ブルームバーグ Deena Shanker、Anna Edney)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus