海外情勢

44基目の北斗航法衛星を打ち上げ 中国

ラヂオプレス

 中国新聞社によると、中国はこのほど、西昌衛星発射センターから運搬ロケット「長征3号B」によって44基目の北斗航法衛星を打ち上げた。2019年度初の北斗航法衛星の打ち上げで、今年は8~10基の北斗3号ネットワーク衛星を打ち上げ、全ての中軌道(MEO)衛星の打ち上げを完了する。グローバルシステムコンステレーション(衛星配置)の整備、システムのサービス性能とユーザー体験の全面的な向上が計画されている。北斗衛星航法システムプロジェクトのチーフデザイナー、楊長風氏は「アジア太平洋地域により質の優れたサービスを提供することになる」と説明した。(RP=東京)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus