国内

米、対中関税10日引き上げ 10→25%「協議は続ける」

 【ワシントン=塩原永久】米政府で中国との貿易協議を担当する通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は6日、中国からの輸入品2千億ドル(約22兆円)分に課した10%の追加関税を、10日午前0時1分(日本時間10日午後1時1分)に25%に引き上げると述べた。米メディアが報じた。トランプ米大統領は5日、「(協議の進展が)遅すぎる」とツイッターで中国を批判し、関税引き上げの方針を表明していた。

 米中両政府は昨年12月、中国が取り組む経済構造改革策を話し合うことで一致し、協議を進めてきた。米国が関税率を上げれば、貿易摩擦の解消を目指した交渉が瓦解(がかい)する恐れがあり、通商問題をめぐる米中関係は重大局面を迎えた。

 ロイター通信によると、ライトハイザー氏は、先週の貿易協議で、中国が構造改革を進める約束を「撤回した」と述べ、中国の姿勢を非難した。一方で「協議は続ける」と言及。中国の劉鶴(りゅうかく)副首相が率いる交渉団が訪米して9、10両日に協議を開く見通しを示した。

 米ブルームバーグ通信によると、先週の北京での閣僚協議で中国側が、外国企業に対する技術移転強要を是正する法整備を拒否。ライトハイザー氏からその報告を受けたトランプ氏が怒り、追加関税を課す対中制裁の強化を決めたという。

 トランプ氏は6日にも、巨額の対中貿易赤字は「これ以上、認められない」とツイッターに投稿した。

 米中は本来8日から始める予定だった閣僚折衝の結果を踏まえ、貿易協議を決着させる首脳会談の開催を検討する段取りを想定していたもようだ。

 米国は中国による知的財産権侵害を理由に、まず昨年夏にハイテク製品を中心とした計500億ドル分の中国産品に25%の追加関税を適用。さらに昨秋から日用品を含めた2千億ドル分に10%を課し、段階的に対中制裁関税を強化してきた。

 トランプ氏は5日、「課税されてない3250億ドルの物品も間もなく25%になる」と指摘。すでに追加関税を課した計2500億ドル分以外にも、25%の関税を適用する方針も示唆した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus