海外情勢

EVバス、米で普及に弾み プロテラ、三井物産と電池リース

 電気自動車(EV)の時代が来るといわれている割には、EVバスが米公共交通機関の車両に占める割合は依然として0.1%に満たない。EVバスメーカーの米プロテラは、屋上太陽光パネルを手本にすることで、そうした状況を変える方法を見つけたと考えている。

 同社は三井物産と手を組み、2億ドル(約221億円)のクレジットファシリティーを通じて公共交通機関に電池を貸し出す計画で、EVバス1000台の納車につながる見込みだ。無公害バス導入の初期費用を抑えることで、ディーゼルバスに対抗し、EVバスを普及させることができるとみている。

 屋上太陽光パネルのときはそれでうまくいった。10年前、米サンランなどのソーラー会社は頭金なし、公共料金を下回る月額料金で太陽光パネルの提供を開始。そうしたリースモデルが太陽光ブームのきっかけとなり、昨年に米国で住宅に設置された太陽光パネルは約2250メガワットと、2012年の623メガワットから拡大した。

 プロテラのライアン・ポプル最高経営責任者(CEO)はEVバスでも同様のブームを期待している。同CEOはインタビューで、電動化に向けた「動きを各都市が加速できない原因として最後に残る障害を取り除いていく」と語った。(ブルームバーグ Brian Eckhouse)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus