海外情勢

有機ELで中国BOE復活 折り畳みスマホ向け 業界2位狙う (4/4ページ)

 BOEはLCDの量産体制を確立した後、LCDより色再現性や発色に優れ、消費電力を抑えた薄型の有機ELに特化している。ディスプレーの鮮やかな色調を損なうことなく曲げたりねじったり、巻くことができる有機ELを、アップルはアイフォーンの最上位機種に、華為は価格2600ドルの折り畳み式スマホに採用している。

 かつて巨大国有企業として真空管を生産していた同社は、トウ小平氏が1979年から改革開放路線を明確にし、海外の優れた技術が流入したことで厳しい局面に陥った。大規模な人員削減を経て、92年に王東升董事長が改革に着手。マウスウオッシュや人材紹介などにも手を出したが、どれもうまくいかなかった。

 張氏は同社の復活について「海外のライバルには奇跡のように見えるかもしれないが、われわれは10年以上の間、準備をしてきた」と語った。(ブルームバーグ Gao Yuan)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus