海外情勢

「隠れたスーパーリッチ」が住む台湾 (1/2ページ)

 競売のサザビーズはニューヨークで入札にかけるマーク・ロスコの絵画5000万ドル(約55億900万円)相当をアジアで披露した。アジア拠点を香港に置くサザビーズがニューヨークでのオークション参加を富裕層に促すために選んだ都市は、上海や東京、シンガポールではなく台北だった。

 「買い手がいる場所にアート作品を持って行く」と話すサザビーズ・アジアの黄林詩韻(パティ・ウォン)会長によれば、「台湾市場は極めて重要」だ。同会長がホスト役を務めた台北でのプレビュー展示会には、金融持ち株会社の富邦金控の蔡明興夫妻や電子部品メーカー、国巨(ヤゲオ)の陳泰銘会長ら台湾の資産家が姿を見せた。

 今どこよりも速いペースで富豪が誕生しているのは中国だろうが、台湾は1950年代から富を築いてきた。不動産コンサルタント会社ナイトフランクの2019年版ウェルスリポートによると、台北には少なくとも3000万ドルの資産を持つ個人が1519人おり、超富裕層の数の多さで世界8位の都市だ。台北の超富裕層は23年までに1864人に増えると同社は予想している。

 UBSグループのリポートは、台湾人が台湾以外で5000億ドルを保有していると分析。こうした海外資産の額は中国の1兆4000億ドルと米国の7000億ドルに次いで世界3位。台湾の起業家は稼いだ資金の多く海外にとどめておく。

 ナイトフランクは台湾のスーパーリッチが平均で1人当たり5.4戸の住宅を保有しているとも指摘。香港の4戸強や中東の4.6戸より多い。建築家、ビンセント・カレボー氏が設計した台北中心部にある奇抜な形をした高級デザイナーズマンション「陶朱隠園」は1戸当たり10億台湾ドル(約35億1000万円)で売れたと報じられた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus