11日の東京株

69円高 米中株高好感も上値重く

 11日の東京株式市場は、米国株の復調傾向やアジア各国市場の株高が支えとなり、日経平均株価は3営業日続伸した。終値は前日比69円86銭高の2万1204円28銭で、5月28日以来2週間ぶりの高値を付けた。

 前日のニューヨーク市場は、米政権の対メキシコ関税の発動見送りを背景にダウ工業株30種平均が6営業日続伸。約1カ月ぶりに2万6000ドル台を回復して取引を終え、株価持ち直しが鮮明になった。この流れが11日の東京市場でも投資家の積極姿勢につながった。上海や香港などアジアの株式市場も堅調に推移し、東京株の買い材料となった。

 ただ米中貿易摩擦への警戒感は根強く、平均株価の上値は重かった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus