国内

老後資産2000万円 小泉進次郎氏「年金議論のチャンスに変えていきたい」

 自民党の小泉進次郎厚生労働部会長は13日、夫婦で95歳まで生きるには2000万円の蓄えが必要とした金融庁の報告書に関し「社会保障改革は待ったなしだ。議論するチャンスに変えていきたい」と述べ、年金制度や人生100年時代に向けた改革について説明する必要があるとの認識を示した。部会後の記者会見で話した。

 小泉氏は、年金受給を遅らせることで年金の額が増える制度などを念頭に「制度を知ってもらうことで不安は小さくできる。多様な生き方、働き方が出てきた中で、国の制度は選べるということを知ってもらいたい」と訴えた。

 一方、党厚労部会のプロジェクトチームは13日、高齢者の労災防止などを盛り込んだ提言をまとめた。高齢者の雇用増が予想される中、建設業などと比べサービス業で労災防止対策が不十分であることを指摘した。優良企業の公表制度や、労災防止の好事例について情報共有できるシステムの構築などの必要性も訴えた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus