国内

タンカー襲撃 世耕経産相一問一答 「エネルギー供給に問題なし」

 ホルムズ海峡付近で日本関係の積み荷を積んだ船舶が攻撃されたことを受け、世耕弘成経済産業相が13日夜、経産省内で記者団の取材に応じた。記者とのやり取りは次の通り。

 --確認している状況は

 「13日11時45分に、ホルムズ海峡近くを航行中の日本関係の積み荷を積んだ船が攻撃されたとの情報があり、現在、さらに情報を収集している。乗組員にけがはなく、また、すでに退船した。日本人の乗組員はいなかったと聞いている」

 --エネルギーの安定供給への影響について

 「現時点で日本のエネルギー供給にはまったく問題は生じていない。事業者への注意喚起や緊急時の連絡体制を再確認していかなる状況にも適切に対応ができるよう万全を期す」

 「原油は(欧州市場で指標となる)ブレント価格が前日比で3%程度上昇したが、現在は少し小康状態にある。今回の事案の影響は冷静にみていく必要がある。エネルギーの安定供給に万全を期するために状況を注視しながら適切に対処していく」

 --荷物の仕向地は日本だったのか

 「エネルギー関係、あるいは、化学工業品は複雑な取引体系だ。どんな状況になっているのか確認中だ」

 --安倍晋三首相がイラン訪問中だが

 「こういう事態は、いずれにせよ日本にとって好ましくない。しっかり対応していきたい」

 --積み荷の内容は

 「積み荷は詳しくは確認中だが、メタノールあるいはナフサ(粗製ガソリン)と聞いている」

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus