海外情勢

「雨傘運動」の再現? 広がる香港デモ

 香港立法会(議会)周辺で12日、中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案の撤回を求めて数千人の若者らが集まり、2014年の大規模民主化デモ「雨傘運動」の現場となった主要幹線道路などを占拠した。

 立法会周辺では盾やヘルメットを身に着けた大勢の警官が警戒に当たり、地元メディアによると警官は若者らに対し、催涙スプレーを使用した。

 香港警察は11日夜から5000人を動員し、警備を強化。集まった黒い服を着た若者らが12日朝、鉄柵で道路を塞ぐなどした。

 一方、民主派団体は12日、改正案の撤回を求め、立法会周辺で抗議集会を開催。民主派団体は、12日からの立法会包囲を市民に呼び掛けた。改正案撤回に応じない政府に抗議するため、12日に学校の授業ボイコットや商店などを臨時休業とする動きも拡大。占拠に参加した若者の多くは20歳前後で、ボイコットの呼び掛けに応じて集まったという。

 香港では9日に103万人(主催者発表)の大規模デモが起きたばかり。(香港 共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus