海外情勢

イラン・ロウハニ大統領「アメリカが経済的な戦争」 日本側の姿勢は高く評価

 【テヘラン=佐藤貴生】イランのロウハニ大統領は12日、安倍晋三首相との首脳会談後の共同記者発表で、トランプ米政権が「経済的な戦争」を仕掛けていることが地域の不安定化につながっていると批判し、それがなくなれば中東地域に再び安定が訪れるとの見方を示した。

 昨年、対イラン経済制裁を打ち出したトランプ米政権は、今年5月上旬にはイラン産原油の全面禁輸に踏み切り、原油売却に深く依存しているイラン経済はいっそう苦境に追い込まれている。

 ロウハニ氏は、首脳会談で日本側が原油購入に向けた環境づくりを進める意思を示したと明かし、謝意を表明。また、安倍氏が善意を持って地域の安定や緊張緩和を実現させるために訪問したとし、日本側の姿勢を高く評価した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus