海外情勢

中国、軍産複合の巨大造船 近づく国内2社統合 規模で世界圧倒

 中国が国内2大造船メーカーの統合に近づいており、規模で海外勢をはるかに凌駕(りょうが)する巨大な軍産の複合企業が誕生する可能性がある。

 中国船舶重工集団と中国船舶工業集団はともに戦略的な再編を計画している。両社の上場部門が資料で発表した。統合後の新会社は、空母から軍艦、貨物船、石油タンカーに至る、あらゆる船舶を製造することになる。

 鉄道車両やコンテナ船といった業界で同様の統合を進めるなど、中国はさまざまな分野で国を代表するような圧倒的規模を誇る大企業の創設に取り組んでいる。アジア太平洋地域で商業・政治的影響力拡大を図る中で、巨大造船会社の誕生に向けた取り組みが進む。

 新造船会社をめぐる計画は既に1年以上検討されている。実現すれば、この新会社の売上高には、時価総額で世界3大造船会社となっている韓国造船海洋、大宇造船海洋、サムスン重工業という韓国3社を合わせても半分にも届かない見込み。(ブルームバーグ Ma Jie)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus