株価・外為

対韓規制 対象3品目関連銘柄に売り圧力

 韓国向け輸出規制の強化の影響が東京株式市場にも現れている。日本政府が規制強化を打ち出した1日以降、対象となる3品目を取り扱う一部企業の株価は弱含む傾向が続く。これらの製品の輸出が滞れば最悪の場合、世界のスマートフォンの生産に響くことも考えられ、市場のリスク要因となっている。

 3品目のうちフッ化水素で高いシェアを持つステラケミファは11日、前日の米国株高を追い風に4日ぶりに反発した。ただ、今月に入って株価は5.8%下落。いちよし経済研究所の大沢充周氏は「仮に韓国向けの輸出ができなくなった場合、1年間で数十億円の営業利益が飛ぶ」と試算する。

 このほかの関連銘柄も低調だ。レジストを扱うJSRは1日から3.9%、信越化学工業は2.4%それぞれ下落した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus