海外情勢

FOMC議事要旨 「利下げ論拠強まる」と判断 近い将来に正当化

 米連邦準備制度理事会(FRB)は10日、6月18、19日に開催した連邦公開市場委員会(FOMC)会合の議事要旨を公表した。米経済の見通しをめぐる不確実性や下振れリスクが高まり、利下げの論拠が強まったと金融当局者らが判断したことが分かった。

 議事要旨では「こうした最近の展開が持続し、景気見通しへの重しとなり続けると分かった場合、追加の金融政策緩和が近い将来に正当化されると多くが判断した」と指摘した。また複数の参加者はリスク管理の点から見て、近い将来の利下げが正当化されると指摘。利下げにより「将来起こり得る景気へのショックを和らげるのを助ける可能性がある」と主張した。

 もっとも金融当局者全員が近い将来の利下げを支持したわけではない。リスクは高まったものの、さらなる緩和策を支持するには見通しの一段の悪化を確認する必要があるとし、「利下げに動く強い論拠は見られない」と訴える参加者もいた。(ブルームバーグ Christopher Condon)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus