海外情勢

三峡ダムが変形との噂、運営側は反発

ラヂオプレス

 台湾中央通信によると、中国の三峡ダム(湖北省)が変形しているとの情報が伝えられ、ダムが決壊するのではないかとの懸念を引き起こしている。情報は中国の「微信(ウィーチャット)」グループで広く拡散されたもので、添付されたグーグルの衛星写真はダムが曲がって変形していることを示している。一方、同ダムを運営する中国長江三峡集団有限公司は公式の「微信」に「観光客の証言」を掲載し、「観光客はこの『デマ』をそろって非難し、『三峡ダムは難攻不落であり、祖国のために「いいね!」を押さなければならない』と強く称賛した」と述べた。(RP=東京)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus